医院案内

医院名 わらび歯科医院
photo01.jpg
院長名 植木 普
診療科目 一般歯科、矯正歯科、ホワイトニング、予防歯科、小児歯科、インプラント、歯科口腔外科
所在地 千葉県 四街道市美しが丘 3-7-1
電話 043‐433‐2066
診療時間 午前 9 : 30 〜 12 : 30   午後 2 : 00 〜 7 : 00
休診日
 
午前
午後
休診日 木 日 祝祭日
備考
祝祭日のある週は木曜午前診療あり




 わらび歯科医院内の様子

スロープ


2015080314543932633.jpgバリアフリー仕様となっています 

待合室1
 
DSC_7295.jpg当院ではできるだけ待ち時間が少ないようにしていますが、歯科情報をご覧になったりお子さまコーナーもご用意しておりますので、少しの間お待ちいただくこともございます。
 

待合室2
DSC_7301.jpg

1F診察室

DSC_7262.jpg
パーテーションを設け、プライバシーを確保しています。最新の設備で安心、安全を目指しています。

2Fメンテナンスルーム

2015080313235630611.jpg
2013年に増床した新しい診療室に定期健診や歯のクリーニング、ホワイトニングの患者さまをご案内します。

カウンセリングコーナー
 
DSC_7274.jpg治療における不安や疑問を納得いくまでご相談いただけるコーナーです。

細菌カウンタ


2015080314495832333.jpg唾液、舌背、歯に付着したプラークの細菌数を1分で測定します。

口腔内細菌検査顕微鏡画像
 
2015080314530632464.jpgお口から歯垢を採取し、歯垢中の動く細菌をモニター画面で見ていただきます。細菌の種類や状態を調べることが出来ます。

高周波治療器
 
2015080314514832508.jpg 
2015080314513832395.jpg 

マイクロスコープ
 
DSC_7267.jpg歯を拡大して見ることが出来る実態顕微鏡のことです。マイクロスコープを使用すること で、肉眼では見えない歯の細かい形状や、隠れた神経の管、詰め物・かぶせものの適合状態をなど色々なことがわかります。  今まで以上に精密かつ高度な診断・治療を行うことが出来るようになります。

パノラマ&デンタル
 
DSC_7265.jpg歯を1本1本取る小さい写真も、お口全体を取る大きい写真もデジタル化しています。デジタルX線被曝量は従来の約1/10です。

「院内感染予防対策」

当院では、肝炎などの感染予防のためさまざまな対策をとっています。
院内感染予防対策は、患者さまに対する誠意だと考えています。使用するすべての滅菌など、医療器具の滅菌に力を入れています。

滅菌された診療セット

オートクレーブ
DSC_7408.jpgDSC_7415.jpg
滅菌後、空気中の菌にさらされないようにあらかじめ器具をパックしています。
135度の高温蒸気滅菌を行っています。

ルブリナ

ステリマスター
DSC_7418.jpgDSC_7427.jpg
ハンドピース(歯牙切削器具)の自動洗浄・注油システムです。
ルブリナで洗浄したハンドピースやハンドスケーラーなどの小物器具を高温高圧の蒸気滅菌します。

ガス滅菌
 
DSC_7429.jpgオートクレーブかけられない高温・高圧に弱い製品はガス滅菌しています。

当院では、CTを完備しています。

「CTと歯科治療」
従来のX線写真は二次元的な平面での診断しかできませんが、歯科CTでは三次元の立体画像でのレベルに変わるので、より多くの情報が得られます。

仝えなかったものが見える
一般のレントゲンで見えなった部分が容易に確認できるようになりました。顎の内部構造などもリアルに見えます。

△錣らなかったことがわかる
顎や歯だけでなく、上顎洞(鼻の奥)の形態や粘膜の状態、病巣などを立体画像で確認できます。

治療の安全性が広がる
インプラントだけでなく、矯正や根管治療、親知らずなど、幅広く歯科治療に応用することができ、正確な審査・診断により、治療の安全性を高めます。

□インプラントとCT
インプラント治療では、埋入する部位の術前の骨の状態(質や厚み、高さ、形態など)が正確に確実な判断ができるので、切開や剥離をしない手術や増骨術などに対しても判断がすぐに行なえます。
歯科用CTでの撮影画像をもとに的確な治療計画を立てることは、安心な治療への第一歩です。

□歯周病治療とCT
歯周病は、細菌感染による骨の破壊が起きる病気であるため、骨の破壊の程度などをよりリアルにみて判断することができます。また、骨の状態からおおよその歯の寿命を積算することも可能です。
したがって、非常に予知性の高い治療が行えます。

□親知らずとCT
歯科用CTを親知らずの抜歯に利用することで、立体的に把握することができます。これにより、神経に引っ掛けてしまう可能性や、周囲炎症の程度、病巣の有無や大きさ、位置なども判断・考慮して、治療を行うことができます。
また埋伏歯などの位置なども精密に判断できるので、余分な切開や骨の切削などを避けることができます。

□根管治療とCT
歯根の先端の病巣発見や、治療後の治癒の状態など、かなり正確に把握できます。歯科用CT画像を使った正確な診断によって、根の病気の完治を目指しやすくなります。

CT外観

CT内部
DSC_7432.jpgDSC_7310.jpg